風呂ふたを選ぶ時にはサイズ計測と掃除のしやすさが重要

購入する際のポイント~風呂ふた選びのコツ~

風呂ふたを選ぶ時にはサイズ計測と掃除のしやすさが重要

浴室

風呂ふたのサイズの測り方

風呂ふたを買い替えるときはサイズをきちんと計測してから購入しましょう。浴槽全体を覆うことができるように、浴槽の外側の縦と横の長さを計測しておきます。市販の風呂ふたはサイズ展開がそれほど多いわけではないので、ピッタリのサイズが見つからないこともあります。その際は大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

風呂ふたは掃除が楽なものを選ぶ

風呂ふたにはいろいろな種類がありますが、その種類を選ぶときには掃除のしやすさも重視して選ぶといいでしょう。風呂ふたは湯船の蒸気に直接触れますのでカビが生えやすいからです。カビの繁殖を防ぐためにもお風呂のふたは毎日きれいに掃除するのが望ましいので、掃除が楽だと助かります。

インターネット通販で購入するメリット

風呂ふたはホームセンターなどでも購入できますが、インターネットからも購入可能です。お店で購入するよりも種類やサイズなどが豊富にありますので、気に入ったデザインや自宅のお風呂に合うサイズが見つかりやすくなります。また価格も店頭よりも安いケースが多くお得に風呂ふたを購入できます。

風呂ふたの種類3選

組み合わせタイプ

フラットな板を組み合わせて風呂ふたにするタイプです。凹凸がないため掃除がしやすくカビや汚れがつきにくく、デザインも高級感があります。保温力にも優れているため光熱費の節約効果も期待できます。

軽くて扱いやすいロールタイプ

軽くて高齢者やお子さんでも開け閉めしやすいのがロールタイプの風呂ふたです。コンパクトに巻けるので浴槽の隅っこにおいておけば邪魔にもなりません。ただし凹凸が多いためカビや汚れがたまりやすいです。

折りたたみタイプ

ロールタイプと組み合わせタイプの中間タイプです。ロールタイプよりも凹凸が少ないため、デザイン性も高く汚れがたまりにくい構造になっています。しかも入浴中も浴槽の隅に置けるため場所を取りません。

広告募集中